読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear rosita

The blog is like strolling in own mind for me.

Something Like It

今現在の私のマイブームはどうやら心霊写真鑑賞のようだ。

先日、購入した「壇蜜のエロコワ副音声収録」のDVD『ほんとにあった心霊写真~幻惑~』が余程気に入ってのことらしい。

「そういえば私の手もとにも……」といった感じて私の友人の崩木十弐から2011年12月27日に送られてきた奇妙な画像が添付されたメールのことをふと思い出した。

そこにはこう書かれていた。
ところでまた怪奇現象です。
最近、自分のケータイが壊れ、奥サマが前に使ってたやつをお下がりして、中のチップを交換し使用してるのですが、全く覚えのない画像が入っているのです。
うちのやつはケータイカメラの使い方を知らないので、そもそもそんな画像が入っていることじたいおかしい。
ケータイではネットもやらないので、ダウンロードしたとも考えられない。
問題の画像は、白い壁と思われる背景に赤い血の手形がくっきり付いてるという、何とも気味の悪いものです。

f:id:Dearrosita:20100122083237j:plain

今や怪談実話の語り部としてその世界では崩木十弐はなくてはならない存在のひとりでもある。

彼が遭遇するであろう今後の怪異もまた私の楽しみのひとつだ。

賢明な彼のことであろうから大丈夫だとは思うが、アチラの住人にだけはならないようにくれぐれもご注意を。

My Favorite Blog

今週のお題「七夕」

“ノリスケの「ブロロロブローグ」”という私と同じ世代であることも手伝って好感度No.1のブログがある。

f:id:Dearrosita:20130709161441j:plain
紹介文には「『サザエさん』のノリスケおじさん?ではなくてアラフォー男があったことや感じたことをムリせずに書くブログです」と綴られている。

奇しくも七夕の日にノリスケさんが遭遇した「変わった人」の記事を読み、私は思わず吹き出してしまった。

以下にそのオリジナルのもつ面白味を損なわないためにキャプチャーしたものを掲載する。

f:id:Dearrosita:20130709161612j:plain
f:id:Dearrosita:20130709161716j:plain
f:id:Dearrosita:20130709161829j:plain
f:id:Dearrosita:20130709161926j:plain
f:id:Dearrosita:20130709162016j:plain

引用ブログ■ノリスケの「ブロロロブローグ」|ピンクのレオタード 2013年07月07日(日)より

Ask, and it will be given to you.

f:id:Dearrosita:20130708201122j:plain

早速、先の流れ(7月6日の記事)から“BLACK DEVIL”のジッポーを注文した。

私には愛煙家としてのこだわりがある。

それは自分の吸っているタバコの銘柄のジッポーでそのタバコを味わいたいというものだ。

またジッポーのオイル臭さの混じりあったタバコの味は最高だ。

100円ライターなど邪道もいいところである。

勿論、1日の大半を“GOLDEN BAT”と過ごす限りは“GOLDEN BAT”のジッポーも持っている。

f:id:Dearrosita:20130708201223j:plain

私にとってラッキーだったのは“GOLDEN BAT”のジッポーを欲しいと思ったのと同時にネット検索したところ今では入手困難なJTの非売品モデル(未使用品)が楽オクに比較的安値で出品されているのに出会ったことだ。

「求めよ、さらば与えられん」と新約聖書にはあるが、私の場合、それは女性以外に当てはまるらしい。

One Flew Over the Cuckoo's Nest

映画『カッコーの巣の上で』はいつ見ても心を打たれざるを得ない私のヒューマンドラマ部門ではお気に入りの作品だ。

私が好きな人間描写のひとつにマクマーフィー(ジャック・ニコルソン)とチーフ(ウィル・サンプソン)との徐々に培われてゆく友情が挙げられる。

とりわけ映画のラストでロボトミー手術を受け生きる屍となったマクマーフィーをチーフ自らの手によって彼を死に至らしめる=真の人間性への回帰を謳い上げるシーンはその直後のチーフの病院から脱出劇とともに圧巻だ。

おそらく誰もが高評価を付けるであろうこの映画に彼の尺度によると10点中3点という辛口の評価を付けるkumさんという人がいる。

高い評価のオンパレードも面白味がないので、以下に敢えて彼の感想を引用する。

f:id:Dearrosita:20130707183909j:plain

さて、この「カッコーの巣の上で」ですが、yahoo映画を見ても、goo映画を見ても、高評価ばかりが目立ち、低評価はほとんどありません。
が、個人的にはこの映画の何がいいのか、さっっぱりわかりませんでした。
サイドストーリーを集めたような映画で、何が、そしてどこが主題なのか全く理解できませんでした。
  • バスケ(レクリエーション)のシーン
  • ワールドシリーズの多数決
  • マクマーフィが勝手にバスで釣りに出かけるシーン
  • 耳が不自由のフリをするインディアン(チーフ)
  • 逃亡当日夜の宴会
  • ビリーの自殺
  • チーフがマクマーフィを窒息死させる
ま、いろいろと内容は詰まった2時間でしたが、う~ん、何がいいのでしょう???
ま、逆に悪いシーンもとりわけあったわけではないのですが。
地味~な映画でした。
いや、ホント、主題が何なのか、頭が弱い拙生には理解しかねる作品でした。
ただ、ひとつ思ったのは、脱走当日に宴会を勝手に開いて、酔っ払って寝てしまうかね???
「それはないでしょう」とは思いました。
さて、タイトルの「カッコーの巣」ですが、精神病院を表す蔑称のようです。
謎でしたが、まーググれば出てくるもんですね。
……。
そんな感じですかね。

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3点)
(★は3点が普通です)

引用ブログ■映画の感想を綴るブログ|カッコーの巣の上で(1975年/アメリカ)|2012年03月15日より

BLACK DEVIL

f:id:Dearrosita:20130706183456j:plain

よくタバコをコロコロと変える男は浮気性だと聞いたことがある。

私の場合はタバコに限ってそのようだ。

ココナッツミルク味のタバコがあるというので早速吸ってみた。

これがそのフレコミの通りなかなかいける。

私は1日の大半は“GOLDEN BAT”(200円)を吸い、数本のみ高級感を味わおうと“che”(410円)を吸っているのだが、ここにきて“BLACK DEVIL”(現在価格440円)というライバルが現れてしまった。

“che”の存在を脅かす程のなかなか手強い相手である。

それにしても愛煙家にとってはタバコの値段も跳ね上がり喫煙スペースも今や人目の付かないところへと追いやられつくづく住みづらい世の中になったことを感じる。

どこかしら喫煙と先に触れたTattooを入れる入れないの世間の取り扱いとは(飛躍している向きもあるが)通じていると思うのは私だけであろうか。

余談になるが、三島由紀夫のお気に入りのタバコは両切りの“Peace”だった。

Ghost Photography

f:id:Dearrosita:20130705022812j:plain
f:id:Dearrosita:20130705023011j:plain

セブン-イレブン限定発売中のDVD『ほんとにあった心霊写真~幻惑~』を酒の肴に「壇蜜のエロコワ副音声収録」ということもあり買ってしまった。

いざ見てみると、壇蜜のトークと相俟ってこれが実に面白かった。

私たちの世代は空前のオカルトブームの中その牽引役でもあった中岡俊哉の心霊写真集とともに育ったと言っても過言ではない。

そうした当時の懐かしいテイスト(香り)がこのDVDには活かされていたことが私に好印象を残したのかも知れない。

この夏、お勧めのDVDであることにまず間違いはないだろう。

watadore

f:id:Dearrosita:20130704175444j:plain

私はブームというものに乗るのが遅いせいか壇蜜主演の映画『私の奴隷になりなさい』を偶然にもようやく見る機会を得た。

そこで思い出されたのが映画『完全なる飼育』である。

シチュエーションは違うがある種の性的な調教を女性に施すという点では両作品ともに通低しているテーマだと思う。

だが、いずれも男性の視点から描かれているというのが私の気になるところだ。

果たして現実の女性はこんなにも容易に洗脳され得るのだろうかという疑問が残る。

そうでなければ私のように失恋の痛手が尾を引いて未だ苦しむこともないだろう。

その反面で常人の知り得ぬ未知なる男女の領域も全く否定はできない。

いずれにせよこれまで低かった壇蜜の株が私のなかで少し上がったことは確かなことだ。