読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dear rosita

The blog is like strolling in own mind for me.

Tattoo

昨年(5月16日 )のYahoo!知恵袋

自分は、刺青、タトゥーを入れてないけど、入れてる人に対して全く偏見のない方、肯定派的な方はいますか?
また、それはなぜですか?
今回の橋下知事の、役所一斉刺青調査についてでも良いので意見を聞かせてください。

との質問をされた方がいた。

10件の回答が寄せられた中で質問者がベストアンサーに選んだのは以下のような内容のものだった。
刺青・タトゥーがここまでの問題になるなんて思ってもみませんでした。
確かにそれなりの仕事の方々や育ちのいい方々は入れないのかもしれないけど、なんかこの問題『刺青・タトゥー=即悪』みたいな方に進んでません?
それに役所の一斉刺青調査からも離れたところでの論議になり始めてますよね、何か。
なので私も私なりの考えを言わせてもらおうと思います。

確かに日本では悪いイメージが拭い切れないところはあるかもしれないけど、それにしたって一辺倒に『悪』扱いするのはどうなのかな。
ってか、いわゆる『刺青』と『ファッションタトゥー』の違いなんて見ただけでわかりますよね。

例えば腕に小さくスポンジボブ彫ってあるからって、だからどうなのよ。
本職の人のそれと遊びでやってる人のそれを一緒にされてもねぇ。
別に消そうと思えば消せるし、ごたいそうに『一生背負っていく覚悟あるのか』とか、そんなもんはなからございませんって。
だってスポンジボブですよ?
『そんなバカみたいなもん体に傷つけてまで彫るって、ほんとにバカとしか言いようがない』
確かにバカみたいかもしれないけど、とりあえずお前には関係ないだろ。
『保険にも入れなくなるのにバカなのか』とか、これもお前には関係ないだろ。
『温泉・プールにも入れなくなる、子供がかわいそう』
だからお前に何の関係があるんだそんな事。
『社会的にも受け入れられなくなるよ』
そりゃイキがって威圧目的で見せびらかしてるような、そういう人はタトゥーしてようがしてまいが受け入れられないでしょ、そういう人なんだから。
でもそんな人ばかりじゃないって、ただ単にカッコいいと思ってやってる人も居るの。
それをカッコいいと思うか思わないかはまた別の問題でしょ。
若気の至りで入れてしまって、社会的には受け入れられないと気付けば消すことだってできるでしょ。
消さなくても後悔してる人だって居るだろうし、後悔してなくても別にいいじゃん。
ちゃんとしてる人でも入れてる人は居るし、入れてるからって見せびらかす人ばかりじゃないし、とにかく他人にとやかく言われる筋合いはないはず。

スポンジボブのワンポイントタトゥー見て大騒ぎする奴なんか、そいつの方がよっぽど頭おかしいんじゃないかと思いますね。
そんな奴は居ないのはわかってるけど、極端な話、それ位あれもこれもいっしょくたにして文句言ってる人が多いと感じます。
確かに好き嫌いはあるだろうから、好みの事までとやかく言うつもりはないけど、とにかくあれもこれもいっしょくたにしてしまうのはおかしいよ。

確かにイキがって・悪ぶって威圧目的で入れてる人も居るだろうけど、みんながみんなそんな目的の為に入れてる訳ではないとわかっているので、私は全く否定も肯定もない、ってか人の事ほっとけよって思います。
何か今回のこの『入れてる人=即悪』みたいな流れが気になって回答させてもらいました。
正直、今回の騒ぎで流れに乗って文句言い始めてる人には嫌悪感しか感じません。
ちゃんと自分の意思を持って意見を言ってるのならいいけど、明らかに流れに乗って文句言いたいだけの人も多いですよね、結局文句言えたら何でもいいんじゃないの。
そんな人にあれこれ言われる程、悪いことではないと、私はそう思います。
正直なところ、私もこの問題には今更ながら頭を抱え込まざるを得なかった。

何故なら、海外で三島由紀夫をリスペクトする意味で彼の率いた「楯の会」の徽章の一部である菊の御紋をスカルにアレンジしてタトゥーを入れている人を知ったからに他ならない。

▼Mishima’s original design for the Tate no kai’s flag▼
f:id:Dearrosita:20130703030309g:plain

▼Shield Society Tattoo▼
f:id:Dearrosita:20130703030421j:plain

そもそも刺青自体が映画『唐獅子牡丹』の歌詞にもあるように「親にもらった大事な肌をすみで汚して」といった世代に辛うじて私は属している。

そこにきての三島由紀夫楯の会)のタトゥーだ。

彼の三島への尊敬の念は理解出来るが、タトゥーともなると当分の間この複雑な心境を拭えそうにない。